2011年12月10日

Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FXを入手!Nikon D7000で使用します【公園での撮影編】

IMG_0262
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FXをNikon D7000用に入手したので、撮影をしてきました。
(前回の記事:Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FXを入手!Nikon D7000で使用します【外観編】

処は都内最大級の大きさを誇る(?)公園である「光が丘公園」。
この公園はバードサンクチュアリ、芝生広場、憩いの森など自然がたくさん。それだけでなくアスレチックやテニス場、バーベキュー場から図書館や体育館まで、インドア派もアウトドア派もきっと満足できる広大なプレイエリアなのです。

そしてこの季節はなんと言っても、

DSC_0903
(1/4000 F7.1 17mm ISO1250 0EV)ISO1250はミスですね(-_-;) 気づかず何枚か撮ってしまった。
銀杏並木。日当りが良いためか、ここら辺のエリアはもうほとんど葉が散ってしまっていましたね。

豪華モデルさんも登場!

DSC_0934
(1/500 F11 17mm ISO1250 0EV)
ちんまり(笑 17mmほどの広角だと(換算は25mmですが)、ママの背丈で子供を見下ろしても全身が写るからいいですね〜。

DSC_0935
(1/400 F11 35mm ISO1250 0EV)
35mmだとこれくらいの大きさ。

DSC_0944
(1/1600 F10 19mm ISO1250 0EV)
逆に空を見上げてみると、建物に銀杏の生い茂る様が生えてにぎやかな写真になりました。このレンズは発色がよく、空の青さに銀杏の黄色がとても映えていると思います。

DSC_0950
(1/250 F10 35mm ISO1250 +1EV)
光の有無と銀杏の紅葉具合の差が印象画のようでお気に入りの一枚。

構図、色の映り方に加えて、もう一つこのレンズでお気に入りな点が、

DSC_0912
(1/160 F22 20mm ISO280 0EV)
ふと太陽を入れて撮ってみたこの写真で気づいた太陽の放射光(?)の規則正しさ。あれ?純正レンズを使った時どうだったかなーと思って撮り比べてみた写真が以下。

DSC_0917
(1/160 F22 17mm ISO250 0EV)
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FXで撮影。上の写真がまぐれだったわけではないことがわかります。

DSC_0919
(1/160 F22 18mm ISO250 0EV)
一方、AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR Uで設定をほぼ同じにして撮った写真がこちら。やはりTokinaの方が小気味の良い写真になっていると感じます。

なぜ?どうして?用語や理論を語れるほど詳しくはないのでわかりませんが、全般的にしゃっきりと小気味の良い写真が撮れるなーという印象が残った公園での撮影会でした。

次はもう少し広角が活かせそうな、新宿の高層ビル群を撮ります。
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FXを入手!Nikon D7000で使用します【高層ビルを撮影編】

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログの「Tokinaデジタル一眼レフ専用のFXレンズ」モニターに参加しています。



posted by kncafe at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | 編集
この記事へのコメント
レビューブログの記事で、使わせていただきました。
素敵な写真ばかりですね。
Posted by うさっぴ at 2011年12月27日 14:08
画像参考にさせて頂き、AT-X 17-35購入の
後押しになりました。ありがとうございました。
Posted by うさみみ at 2012年11月18日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。