2012年04月27日

10分でできるグリーンカレー「カフェカレ」を作ろう!ナカノヒトによるメイキング

P4241477
今日のご飯はなあに?

ブロぐるめ!が主催するハウス食品の「ナカノヒト」と話せるブロガーイベントがあったので、私の他4人のブロガーさん(ゆかりさんreiさんcaanaさん大平美弥さん)と一緒に参加してきたよ!

うちでは省力化のために1週間分のメニューを週末にざっと考え、まとめてネットスーパーで食材の注文をします。作りおきできるものを何品か絡めることがポイントで、カレーがサイクルに入ることも多いです。

家人に「何か食べたいものある?」と聞くと「カレーでいいよ」と言われるのですが、この「で」が曲者なんだな!だってカレーをつくるにはまず玉ねぎ2個をみじん切りにしてキツネ色になるまでに炒めた後、大きめに切った玉ねぎ1個分を炒めるでしょ。それからにんじんを入れて、更にとり手羽元とジャガイモをいれた後にトマト缶を入れてようやく煮る……ここまで小1時間は見ないといけません。圧力鍋を手に入れてから煮込みにかかる時間がグッと減ったのはとても助かったのですが、平日カレーを作るというのは決して「」で済むコトじゃないんやで!

P4241517
そんなとき、10分でキーマカレー、グリーンカレーができるプレミックスがあると聞き、興味が湧いたというのが参加した経緯です。しかもグリーンカレーが普通のカレールーになってるんですって?グリーンカレーっていうと、今度はKALDIに奔走してグリーンカレーペースト、ココナッツミルク缶を購入しないといけません。タイカレーも好物なのでよく作りますが、こちらはこちらでまた違った手間があります。


nagae-san
まずはハウス食品の長住さんより、開発に至ったきっかけやターゲットについて話をお伺いしました。


−ハウス食品からはスパイスや、特にカレーに関する商品をたくさん販売されていますが、なにかコンセプトなどはあるのでしょうか?

「まず『世の中にカレーを広めたい』という想いがあります。以前発売した「カレー鍋つゆ」は小さい子でも鍋なら、しかもカレー味なら野菜をたくさん食べられるのでは…ということで開発された商品です。」


−なるほど。では、今回の「カフェカレ」がターゲットとする消費者層ってどんな方なんでしょ?

「まず『簡単にできる』ということで忙しく、でも料理することにもあまり手を抜きたくない、という方です。特に女性は積極的にアジア料理などにも挑戦されていますよね。ですから今回の『カフェカレ グリーンカレー』もそのような特に若い女性にカレーを食べていただきたくて開発したものです。」

うん、まさしくソレ私に当てはまります。ターゲットが思うつぼになっていますよ、ここに(笑

P4241506
そしてパッケージングも可愛いんですよ。女性が手にとりやすいようになっているのね。

−開発に当たって何か苦労されたことは?

「実は、企画段階では社内での評価は芳しくなかったんです。そこでキーワードは「カフェ」としました。カフェで出てくるカレーの一位はキーマカレー、次にグリーンカレー、というくらいポピュラーなメニューなんですよ。カフェカレはカフェで食べるようなさらりとした食べやすいカレーを目指して作りました。」


開発に当たっては、密かに味の目標としているカフェがあったそうなのですが、残念ながら教えていただけませんでした。オフレコでもお聞きすれば良かったなぁ。そしたらコッソリ食べに行ったんだけどな。


一通りお話を伺ったところで、「本当にグリーンカレーが10分でできるのか??」ということを、実際ハウス食品のテストキッチンで試させていただいたので、その模様を…あ、お呼びですか?すみません、ちょっと呼ばれてしまったので(誰に)、その様子は次の記事にしたいと思います。

posted by kncafe at 22:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他趣味 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック